まだ重たいCMSをお使いですか?
毎秒1000リクエスト を捌く超高速CMS「adiary

2019/07/02(火)ES2015(ES6)をminifyしたいけど、Node.jsに興味はない場合

ES2015(ES6)のJavaScriptを minify(compress) したかったときに苦戦したメモ。

JavaScript Compressor

古くから有名でお手軽なYUI Compressorをインストールして、圧縮してみたのですが、謎のエラーが出て困ってしまいました。

Exception in thread "main" java.lang.reflect.InvocationTargetException
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:62)
        at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:43)
        at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:498)
        at com.yahoo.platform.yui.compressor.Bootstrap.main(Bootstrap.java:21)
Caused by: java.util.MissingResourceException: Can't find bundle for base name org.mozilla.javascript.resources.Messages, locale ja_JP
(以下略)

どうやら調べてみると、YUI CompressorはES6(let/const)に対応していないようです。

2019年にJavaScriptを書くのに「ES2015ではないスクリプトを書く」のは考えられないので、ES2015対応のJavaScript Compressorを探してみました。

Node.js に用はない

色々調べてみてもNode.js関連情報しか出てきません。

「Node.js」に興味はなく、純粋にJavaScriptを圧縮したいだけなのに……。

路頭に迷っていたのですが、Uglify-jsというNode.js関連ツールを使うことで、Node.jsとは関係なく単にJavaScriptを圧縮できることがわかりました。

Wabpackというツールもあるのですが、軽く調べた感じではNode.js専用ツールっぽい感じで、単なるJavaScriptの圧縮ツールとしては使いにくそうでした。

Uglify-es

残念ながらUglify-jsは「Uglifyjs 3 (Ver3)」でもES6には対応していません。超注意点です。

Uglify-jsからフォークされた「Uglify-es」というツールを使います。まずこのツールを入れるために、Node.js用のパッケージマネージャー npm をインストールする必要があります。

今回インストールしたサーバはDebainですが、普通にapt-getすると古いツールが入るため、「Debian9 (stretch) に Node.js をインストールする」を参考にVer10系の Node.js を導入しました。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | bash -
apt-get install -y nodejs

これで npm が使用できるようになったので、Uglify-esを導入します。

npm install uglify-es

Makefile

Uglify-js@2、Uglify-js@3、Uglify-esでみんなコマンドラインオプションが違うので、情報を探す際はご注意ください。

参考までに作成したMakefileを晒しておきます。

#
# Makefile for adiary.min.js
#
COMPRESSOR = uglifyjs
OPTIONS    = -c -m --comments '/^!/' --source-map includeSources,filename

OUTPUT	   = ../adiary.min.js
MAP_FILE   = ../adiary.min.map

FILES = \
	01_global-variables.js	\
	10_jquery-ext.js	\
	20_init.js		\
	30_css.js		\
	90_PrefixStorage.js	\
	91_jquery-storage.js

all:  $(OUTPUT)

$(OUTPUT): $(FILES) Makefile
	$(COMPRESSOR) $(OPTIONS) $(FILES) -o $(OUTPUT)
	mv $(OUTPUT).map $(MAP_FILE)
-c
ソースファイルを圧縮します
-m
Mangleします。これをつけたほうが圧縮率が高くなります。
--source-map includeSources,filename
mapファイルを作成します。
--comments '/^!/'
「!」マークで始まるコメント(ライセンスコメント)を残します。
OK キャンセル 確認 その他